GIt(ギット)とGitHub(ギットハブ)の違い

GItとGitHubの違いを簡単に説明したいと思います。

Git バージョン管理のオープンソース
GitHub Gitを使ったWebサービス

Git

Gitは「バージョン管理のオープンソース」ですが、もっと具体的にいうと
プログラムソースの変更や更新を管理するための「分散型バージョン管理システム」です。

2000年代に、Linuxの開発チームが使っていたツールとして知られていますが
今では世界中のエンジニアが使っているツールです。
バージョン管理システムの中では最も有名でシェアが高いといえます。
※過去に最も有名だったのがSubversion(サブバージョン)になります。

GitHub

GitHubは「Gitを使ったWebサービス」です。
Gitを自分のサーバーに入れて活用するのは、ひと手間かかってしまうのですが
GItHubを利用すると、手軽にGitが利用できます。
無料プラント有料プランが存在します。
個人の場合は無料プラン、法人は有料プランを利用することが多いようです。

いろんな用語

コミット インデックスに登録してある変更対象をローカルリポジトリに反映すること。
プッシュ ローカルリポジトリの変更をリモートリポジトリに反映させること。
プル リモートリポジトリの変更をローカルリポジトリに反映させること。フェッチ+マージ
ブランチ 履歴管理を枝分かれさせてたもの。ブランチを使うこちにより、複数の履歴を並列に管理できる。
マージ 異なるブランチの変更を反映させること。お互いの変更履歴が残る。
フォーク リモートリポジトリをコピーしてリモートリポジトリを作成すること。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

福岡の現役Webエンジニア「NISHI(ニシ)」です。
Webエンジニアにとって役立つ情報を更新しています!