【fulephp】エクセルを読み込む超簡単な方法

FuelPHPでエクセルファイルを扱う簡単な方法です。(メモ)

Formからのアップロードではなく、ディレクトリ上に置いた環境を想定しています。

1.エクセルのファイルを扱うのに必要なライブラリの読み込み

Git:https://github.com/muhittin/fuelphp_excel
GitからExcelのライブラリをダウンロード(FuelPHPで使えます)

【fuel/packages/excel】の中に以下の3つをアップロードします。
・PHPExcel.php
・bootstrap.php
・PHPExcel/~

2.エクセルファイルの読み込み

以下の処理で、エクセルの中身が次々に表示されます。

$input_path = ‘エクセルファイルへのパス’;

//ライブラリ読み込み
Package::load(‘excel’);
$excel = PHPExcel_IOFactory::load($input_path);
$sheet = $excel->getActiveSheet();

foreach ($sheet->getRowIterator() as $row) {
 foreach ($row->getCellIterator() as $cell) {
  echo $cell.” ”;
 }
}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

福岡の現役Webエンジニア「NISHI(ニシ)」です。
Webエンジニアにとって役立つ情報を更新しています!