【PHP】エラー制御演算子@ の使い方

今回は、PHPのエラー制御演算子@について

PHPでの開発は長いものの、@をあまり意識したことが無かったので改めてまとめ。

@(エラー制御演算子)の役割

@は、エラーだけど無視するよ!
とうこと。

例えばこれ
echo @$testString;

もし、変数「$testString」が定義されていなくてもエラーは表示されません。

エラーが表示されないというのは、危険と隣り合わせでもあります。
では、どんな時に使うのか?

$test = $isset($_POST[‘test’]) ? $_POST[‘test’] : “”;
echo $test;

こういうシンプルなケースで「isset」を使うには長すぎる。
そんな時に代わりに使うことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。