EC-CUBEのエラー対処法「Warning: ini_set(): A session is active. You cannot change the session module’s…」

さくらインターネットはEC-CUBEをサポートしており
クイックインストールで導入することができます。

それでもエラーが出てしまいました。
困っている方のために対処法を記載します。

2017年8月の情報です
・さくらのレンタルサーバー(スタンダードプラン)
・EC-CUBE
・PHP5.3.9
・MySQL5.6
・eccube-3.0.15

Warning: ini_set(): A session is active. You cannot change the session module’s ini settings at this time in /home/browney/www/coffee/vendor/symfony/http-foundation/Session/Storage/Handler/NativeFileSessionHandler.php on line 56

Webにあった対処法

php.ini を修正してする方法
CentOSを直接触っているなら「/etc/php.ini」のファイル編集

session.use_trans_sid = 0

session.use_trans_sid = 1

※レンタルサーバーの場合は
コントロールパネルの” PHP設定の編集”から編集可能

「session.use_trans_sid = 1」は最初からあるわけではないので、なければ追加。

私の場合はこの方法でもエラーが解消されませんでした。

私が解決できたパターンの対処法

上記の方法で解決できなかったのですが、原因は「php.ini」設定ファイルにありました。

↑もともと、こんな状態だったので
1つづつ順に、設定を消してみました。

すると、「session.auto_start =1」を消せば、無事に動作することがわかりました。

これで解決。
さくらインターネットはEC-CUBEをサポートしているので、やはり正常に動作するようですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。