アクセス数(解析)を隠したい、見せたくない。similarwebの脅威は防げるか

GoogleAnalyticsやアクセスカウンター等の正攻法を使わず他人のサイトを見れてしまうツールが存在します。
しかし「PV数」「UU数」を勝手に公開させると困る!との声を聴いて、解析を拒否できるのか調べてみました。

SimilarWebとは

公式:https://www.similarweb.com

SimilarWebとは他人のホームページのアクセス状況がわかるツールです。
アクセス状況のデータというのは、普通は他人が勝手に見ることが出来ないものです。

イスラエルの企業が開発したものをWEB上に無料で公開しているため、世界中で多くのマーケターが利用しています。

SimilarWebのデータの取得方法と信頼性

取得方法(仕組み)

アクセス解析を行うには、主に2つの方法しかありません。

【サイト所有者のみが知る方法】
・アクセス解析用のjavascritpタグを埋め込み(GoogleAnalytics等)正確なデータを出す
【競合やマーケターが知る方法】
・Web上のログや独自のクローラー等の不確定なデータから予想値を出す

similarwebは以下の2つの方法でデータを取得しているようです。
・ 独自クローラーで取得したデータ
・クリックストリームデータ

業界随一の制御装置によって得られたクリックストリームデータと、月間10億ページを分析するクローラーによって得られた情報を統合し、Web上のユーザーの軌跡を得ます。
国内代理店公式サイト

信頼性

様々な意見が飛び交う中、最も多かったキーワードは以下の2つ。

 ・意外に正確なデータ 
 ・実際の数値からはかけ離れている 

つまり、「正確な時もあれば正確ではない時もある」というのが結論。

一部では信憑性のないデータとも言われています。
参考リンク:SimilarWebの公式ブログが炎上

これに関してはブラウザのアドオンやプラグイン、アプリなどからデータを収集していると言われており、本人の許可を得ずに閲覧履歴を転用するのはプライバシーの侵害ではないかと問題になっています。

結論と理由

前提
SimilarWeb(シミラーウェブ)は根拠のある正しい数値を出しているわけではなく、勝手な予想を公開しているだけ

・SimilarWebが自分なりの予想を公開しているだけなので止められない(防ぐ手段がない)
・SimilarWebがアクセスを公開しないという選択肢を用意していない

上記の2点から公開させないのは難しいと考えられる。
ちなみに、SimilarWeb以外の「アクセス解析サイト」も同様だと思われる。

それでもアクセス数を公開したくない

どうしても・・・!!
という場合は解決できる可能性として以下の方法がある。
「クローラーを拒否する」

日夜自動で情報収集を行うクローラーの訪問を拒否すれば当然、解析などできようはずもない。

但し、以下の条件下である場合の話である。

・限られた人にしか公開しないサイトもしくはページである
・検索エンジンにインデックス(引っかかる)させなくても良いページ
・訪問者(ユーザー)にとって、価値のないページ

【クローラーを拒否する方法】
以下のタグを「head」に埋め込む
[css] <head>
<meta name=”robots” content=”noindex”>
</head>
[/css]

参考にしたサイトのリンク

参考1:http://nmbr.jp/blog/2014/03/29193357.html
参考2:http://netgeek.biz/archives/74929
参考3:https://ferret-plus.com/489
参考4:http://viral-community.com/seo/meta-name-robots-2380/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。