自分の周りで成功する人、失敗する人を見てきた結果

私は大学時代から社会人の間に、たくさんの人間を見てきました。
”自分は絶対に成功する”・”行動派だ”・”人に使われたくないし、就職なんかしない”と言う人がいました、むしろ多かったように感じます。
しかし実際に行動した人、成功した人は多くありませんでした。。。

成功しているのは変人ばかり?

”能力のある人”でもなければ”善人”でも”人に好かれる人”でもありません。
自分の周りでは、まぎれもない”変人”こそが成功しています。

変人って何?

変人といより”変わっている人”といった方が正しいかもしれません。
私のいう”変わっている人”とは、”人とは違うことをする人”もっと突き詰めると
”人の言うことに流されず自分のやりたいことを貫き通す人”です。

逆に言えば人の言うことに流されてしまう人は、行動に移せていない人ということ。
大学生の場合、親を安心させるために一度は就職するつもりだ。と言い結局はそのまま会社勤めに慣れてしまうパターンや、経験を積んでから起業すると言って会社に入ったものの力不足を実感して、諦めるパターンが多いようです。

覚悟の違い

”変わっている人”は、人の言うことなどお構いなし、自分が決めてことに必死になってしまいます。
無理だとか無謀だとか言われても、なんとか食らいつこうとします。

1. 人の言うことに流されません。
2. 本当の意味で自分の芯を持っています。
3. 自分の人生に向き合う覚悟を持っています。
4. 自分のことを変わっていると思っていません。

その結果、周りからは一歩引かれてしまうかもしれませんが、結果として同類が周りに集まってきます。

結果として変人コミュニティが生まれる

”変わっている人”は、同類を呼びます。
何かしら行動していると、ちょっと変わった人達が寄ってきます。
その人たちは、実は成功へ近づくためのコミュニティだったりします。

つまりはユニークな人

”変わった人” は、同じく”変わった人”が好きだし、助けてくれます。
それは、”変わっている人とは、”ユニークな人”だからです。

【ユニーク】
・個性的、独自的
・変わっている、珍しい(好意的な意味で)
・おもしろい

多くの人は、ユニークな人が好きなはずです。
”変わっている”というのは、ほめ言葉かもしれません。

私の周りでは、そういった人が行動を起こし結果を出している人です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)